高効率希土類蛍光体とその応用
5ead258e34ef015fc4044b13

高効率希土類蛍光体とその応用

¥28,600 税込

送料についてはこちら

高効率希土類蛍光体とその応用 通常価格(税込): 28,600 円 販売価格(税込): 28,600 円 2005年1月発行 B5版 約280頁 ■刊行主旨■  ディスプレイ・デバイスはブラウン管からプラズマ・ディスプレイ(PDP)や液晶ディスプレイ(LCD)のフラットパネル・ディスプレイに急速にシフトしつつあり、照明にも白色発光ダイオードという新製品が現れました。製品化が始まった有機エレクトロルミネッセンス(EL)、開発中の無機EL、電界放射ディスプレイ(FED)など、蛍光体へのニーズは多種多様になっています。  本書は、月刊「マテリアルインテグレーション」に掲載された希土類系蛍光体についての記事を系統的にまとめ、微粒子の合成法や改質法からその応用までを解説したものです。 Contents 第1章 総論 第1節 希土類蛍光体研究の概論 (東京工科大学 バイオニクス学部 教授 山元 明) 1 はじめに 2 真空紫外線励起蛍光体  2.1 プラズマ・ディスプレイ用蛍光体  2.2 2 Quantum-cutting processの研究とその波及効果 3 エレクトロルミネッセンス用蛍光体 4 白色発光ダイオード用蛍光体 5 医療用蛍光センサ  5.1 希土類錯体  5.2 超微粒子蛍光体 6 おわりに 第2節 希土類系微粒子蛍光体の開発動向 (大阪大学大学院 工学科 教授 今中 信人 ほか) 1 はじめに 2 酸化イットリウム系蛍光体 3 希土類のオキシ硫化物,リン酸塩およびバナジン酸塩蛍光体 4 白色LED (Light Emitting Diode) 用蛍光体 5 その他の蛍光体 6 おわりに 第2章 希土類蛍光体の構造と物性 第1節 複合酸化物を母体とする新しい蛍光体-その結晶構造と発光特性- (東北大学 多元物質科学研究所 助手 窪田 俊一) 1 はじめに 2 研究の実績  2.1 新規化合物を母体とした蛍光体  2.2 結晶構造精密化による発光特性考察の一例 3 おわりに 第2節 分子蛍光体としての希土類ポリ酸とフォトルミネッセンス特性 (東京工業大学 資源化学研究所 助教授 成毛 治朗ほか) 1 はじめに 2 高輝度の分子蛍光体 3 希土類蛍光体との類似性 4 ポリ酸→希土類エネルギー移動 5 希土類→希土類エネルギー移動 6 O-H振動による無輻射失活 7 応用と今後の課題 第3節 希土類イオンの多光子励起発光 (京都産業大学 工学部 教授 坪井 泰住) 1 はじめに 2 アップコンバージョン過程 3 Two-step二光子励起発光  3.1 LiYF4結晶中のTm3+によるアップコンバージョン  3.2 YVO4結晶中のTm3+によるアップコンバージョン 4 二光子吸収 5 二光子吸収の応用  5.1 三次元ナノサイズ微細加工  5.2 高密度光記録  5.3 アップコンバージョンレーザー  5.4 三次元立体画像テレビ 6 まとめ 第4節 微粒子高性能蛍光体と薄膜蛍光体の形成 (静岡大学 電子工学研究所 教授 中西 洋一郎) 1 はじめに 2 電界放射型ディスプレイ 3 微粒子蛍光体の合成 4 薄膜蛍光体の形成 5 おわりに 第5節 希土類アルミネート系蓄光型蛍光体の出現とその光物性 (京都大学 総合人間学部 助手 田部 勢津久) 1 はじめに 2 2価のユーロピウムはなぜおもしろい? 3 アルミネート結晶中の長残光特性 4 蓄光型蛍光体と発光の原理 5 トラップエネルギーを求めるには? 6 機構,トラップは何か? 7 新しい応用の可能性 第3章 蛍光ガラス 第1節 蛍光ガラスの開発 ((株)住田光学ガラス 研究開発本部 素材開発部 沢登 成人) 1 はじめに 2 希土類蛍光ガラスの励起・発光特性 3 蛍光ガラスの組成的特徴 4 蛍光ガラスのその他の特性 5 蛍光ガラスの応用例-ファイバー 6 おわりに 第2節 ゾル-ゲル法によるナノ粒子分散蛍光ガラスの作製 ((独)産業技術総合研究所 光技術研究部門 ガラス材料技術グループ 主任研究員 村瀬 至生) 1 はじめに 2 半導体ナノ粒子の発光 3 水分散性CdTeナノ粒子の作製 4 有機アルコキシシラン中への保持 5 まとめ 第3節 希土類イオンを含有するフォトニクスガラス (立命館大学 理工学部 応用化学科 教授 小島 一男) 1 はじめに 2 ZnCl2系ガラス  2.1 Er3+, Nd3+およびHo3+含有ZnCl2系ガラスのアップコンバージョン蛍光  2.2 Eu2+, Sm3+およびSm2+含有ZnCl2系ガラスのダウンコンバージョン蛍光(通常の蛍光) 3 ゾル-ゲルガラス  3.1 Er3+およびNd3+のアップコンバージョン蛍光  3.2 Tb3+の緑色蛍光と長残光特性  3.3 Eu2+, Eu3+の蛍光と光スペクトルホールバーニング特性 4 薄膜 5 まとめ 第4章 PDPへの応用 第1節 PDP蛍光体の技術動向 (化成オプトロニクス(株)小田原工場 蛍光体技術室 グループマネージャー 久宗 孝之) 1 はじめに 2 PDP用蛍光体に求められる特性  2.1 輝度  2.2 色度  2.3 残光  2.4 プロセス劣化耐性  2.5 寿命  2.6 粉体特性(塗布特性)  2.7 電気的特性 3 現行PDP用蛍光体の特性と課題  3.1 青色蛍光体  3.2 緑色蛍光体  3.3 赤色蛍光体 4 PDP用蛍光体の特性改善に向けた動き  4.1 青色蛍光体の改善  4.2 緑色蛍光体の改善  4.3 赤色蛍光体の改善  4.4 新しい改善へ向けた試み 5 おわりに 第2節 カラーPDP用蛍光体の現状と開発動向 (鳥取大学 工学部 電気電子工学科 田中 省作) 1 はじめに 2 電子ディスプレイ(カラー・テレビ)と蛍光体 3 現行のPDP用蛍光体の課題 4 最近のPDP蛍光体の開発動向  4.1 青色BaMgAl10O17:Eu2+蛍光体の酸化による輝度低下とその改善の試み  4.2 劣化特性と優れた新規青色蛍光体探索の試み(CaMgSi2O6:Eu2+蛍光体)  4.3 緑色蛍光体の輝度飽和とその改善の可能性  4.4 赤色蛍光体の色純度(色度座標値)の改善 5 おわりに 第5章 無機EL素子と希土類蛍光体 第1節 無機EL素子の現状と動向 (明治大学 理工学部 電子通信工学科 専任講師 三浦 登) 1 はじめに 2 ZnS:Mn黄橙色発光素子 3 青色EL材料 4 フルカラーELディスプレイ 5 おわりに 第2節 フルカラー無機ELディスプレイの最近の開発動向 (鳥取大学 工学部 電気電子工学科 教授 田中 省作) 1 はじめに 2 薄膜ELデバイスの動作機構とEL発光材料 3 発光中心とカラーELディスプレイ  3.1 遷移金属イオン  3.2 希土類イオン 4 薄膜発光層/厚膜絶縁層混成構造EL素子 5 薄膜発光層/厚膜絶縁層混成構造を用いたカラーELディスプレイ 6 Eu2+を発光中心とするカラー薄膜EL材料 7 まとめ 第6章 光増幅器への応用 第1節 波長多重通信光増幅器用新規酸化物ガラスにおけるTm,Erイオンの光物性 (京都大学 人間・環境学研究科 助教授 田部 勢津久) 1 はじめに 2 テルライトガラス中のTmイオンの4f輻射遷移確率と量子効率 3 Tmイオンにおけるクロス緩和とエネルギー移動 4 Er3+イオンの1.5μm遷移確率と広帯域発光ホストの設計 5 重金属酸化物ガラスにおける広帯域発光と増幅利得 6 結論 第2節 波長多重通信用光ファイバ増幅器の開発動向 (京都大学 人間・環境学研究科 助教授 田部 勢津久) 1 はじめに 2 希土類レーザガラスとファイバレーザの歴史 3 シリカ系EDFの特性改善 4 新規ホスト材料開発によるエルビウムの広帯域化 5 TDFAとその励起方式 6 まとめ 第7章 拡がる応用 第1節 水銀フリーランプ用の新しい蛍光体の開発 (新潟大学大学院 自然科学研究科 戸田 健司) 1 はじめに  1.1 なぜ水銀フリーランプなのか?  1.2 水銀フリーランプの構造と蛍光体 2 真空紫外線励起用蛍光体の開発  2.1 どのような特性が要求されるのか?  2.2 水銀フリーランプ用蛍光体の設計指針  2.3 新しいホウリン酸塩系青色蛍光体Sr6BP5O20:Eu2+ 3 最近の真空紫外線励起用蛍光体の開発動向 4 おわりに 第2節 希土類蛍光体を用いた白色LEDの現状と将来 (日亜化学工業(株) 第2部門技術本部 第1技術部 市川 将嗣) 1 はじめに 2 白色LEDの発光原理と構造 3 YAG蛍光体 4 照明光源としての白色LEDの開発 5 おわりに 第3節 希土類錯体蛍光ラベル剤の開発と生命科学への応用 (早稲田大学大学院 理工学研究科 理工学部化学科 教授 松本 和子) 1 はじめに 2 希土類錯体蛍光ラベル剤の開発  2.1 β-ジケトン類錯体蛍光ラベル剤  2.2 芳香族アミン類錯体蛍光ラベル剤 3 生命科学における希土類錯体蛍光ラベル剤の応用  3.1 時間分解蛍光イムノアッセイへの応用  3.2 時間分解蛍光DNAハイブリダイゼーションアッセイへの応用 4 おわりに 第4節 シンチレータ結晶の最近の進歩 ((株)第一機電 石井 満) 1 はじめに 2 最近のシンチレータ応用装置  2.1 医療診断装置の発展と課題  2.2 基礎物理研究におけるシンチレータの応用  2.3 中性子検出器 3 ガンマ線用シンチレータ  3.1 実用中のシンチレータ結晶  3.2 開発中の新しいシンチレータ 4 中性子検出用シンチレータ 5 おわりに 第5節 希土類イオン付活永続性ホールバーニング材料の開発 (名古屋工業大学 材料工学科 野上 正行) 1 まえがき 2 希土類イオンドープガラスの作製 3 PSHBへの水酸基の寄与 4 室温ホールバーニング  4.1 Eu3+ドープガラス  4.2 Sm2+イオンドープガラス 5 むすび 第6節 超短パルスレーザ照射による光とガラスとの相互作用 -ガラスからの非線形光学結晶育成- (セントラル硝子(株)化学研究所 三浦 清貴 ほか) 1 はじめに 2 ガラス内部への超短パルスレーザ照射効果  2.1 希土類イオンの価数変化  2.2 光誘起屈折率変化 3 ガラス内部への非線形光学結晶育成  3.1 ガラス内部での単結晶成長 4 おわりに