20世紀の日本の化学技術ー21世紀が見えてくるー
5ead2c2834ef012d1e04519e

20世紀の日本の化学技術ー21世紀が見えてくるー

¥3,300 税込

送料についてはこちら

20世紀の日本の化学技術ー21世紀が見えてくるー 通常価格(税込): 3,300 円 販売価格(税込): 3,300 円 序章 1 趣旨 2 執筆にあたって 第 1 章 高圧合成技術の歴史 第 1 節 アンモニア合成技術の歴史 1 緒言 2 20 世紀の画期的発明 : アンモニア合成 3 ハーバー法の工業化 4 技術導入による日本のアンモニア合成技術 の確立 5 アンモニア合成の国産化 6 合成プロセスのまとめ 7 草創期のアンモニア合成工業 8 戦後復興と技術交流 9 戦後の技術展開 10 今後の技術展望 11 結言 第 2 節 メタノール合成技術の歴史 1 緒言 2 メタノール製造のあゆみ 3 東工試法 4 海軍法 5 その他の方法 6 戦後の展開 7 日本の合成技術の位置づけ 8 21 世紀への展望 9 おわりに 第 3 節 尿素工業の開発の歴史 1 まえがき 2 尿素製造工程 3 創成期 4 肥料用尿素工業の確立 5 完全循環法の大成と技術輸出の開花 6 大型化と技術輸出の隆盛 7 国内肥料工業の転換と新尿素製造技術の開発 8 原素製造技術の現状 9 むすび 10 追記 第 2 章 ポリマ一合成技術の歴史 第 1 節 高圧法ポリエチレンの歴史 1 はじめに 2 発見と開発の経緯 3 戦後の発展について 4 日本におけるポリエチレン工業化研究の歴史 5 住友化学におけるポリエチレンの工業化 6 日本における高圧法ポリエチレン工業のテイ ク・オフ 7 おわりに 第 2 節 低圧法ポリエチレンの開発史 1 はじめに 2 Zieg|er触媒の範囲と Ziegler触媒によるポリエチレン製造法の歴史 3 各種ポリエチレンの展開 4 今後の展開 第 3 節合成ゴムの技術とその工業 1 はじめに 2 合成ゴムの技術の流れ 3 合成ゴム工業の流れ 4 天然ゴムと合成ゴム 5 ゴムと戦争 6 ゴムと自動車 7 ゴムと非自動車 8 合成ゴム工業の今後の方向 9 おわりに 10 わが国の合成ゴム生産量の変化 11 わが国の自動車工業の推移 12 アジアでの自動車産業の進展 13 合成ゴムの量的展開は発展途上国へ 第 4 節 企業における研究開発 ーポリマ一企業を中心にして ー 1 はじめに 2 企業の研究開発の推移 3 企業における研究開発の役割 4 企業の研究開発の特徴 5 研究開発の展開メカニズム 6 わが国の研究開発における問題点、 7 今後の課題と方向 8 おわりに 9 ポリマー産業の変化 10 成熟した産業における企業の研究開発 11 企業内ベンチャーの育成 12 大学発ベンチャー事業化の問題点 第 3 章 公害と化学技術の歴史 第 1 節 苛性ソーダの製法転換 1 はじめに 2 高度経済成長と環境問題 3 水俣病の発生 4 水銀パニック 5 有機水銀と無機水銀 6 隔膜法への製法転換 7 水銀のクローズド化技術開発 8 隔膜法と水銀法 9 イオン交換膜法技術の開発 10 製法転換の過程 11 塩素一ソーダ工業の国際化への展開 12 おわりに 第 2 節 イオン交換膜法食塩電解による苛性ソーダ製造技術の開発 1 はじめに 2 研究開発の背景 3 研究開発の内容 4 おわりに 第 3 節 無公害型染顔料用中間体製造法の開発 1 はじめに 2 1ーアミノアントラキノンの工業的製造法の変遷 3 新製造法開発をめぐる研究者・技術者 4 むすび 第 4 節 環境問題からみた合成洗剤の技術開発史 1 はじめに 2 第期環境問題対応 3 第期環境問題対応 4 おわりに 終章 まとめ 1 高圧合成技術の歴史 2 ポリマ一合成技術の歴史 3 公害と化学技術の歴史 4 展望 執筆者一覧 (50 音順 , 所属は執筆当時 ) 江崎 正直  関東天然五斯開発 (株) 大谷 眞夫  大喜多ガス (株) 大場 健吉  ライオン (株) 柏   典夫  三井石油化学工業 (株) 勝村 龍雄  ダイソー (株) 上仲 博   (株) 広栄化学工業 亀山 哲也  (独) 産業技術総合研究所 木岡 護   三井石油化学工業 (株) 佐伯 康治  (株) 日本ゼオン 佐藤 公彦  (株) 旭硝子 城島 俊夫  東洋エンジニアリング (株) 武井 玲子  ライオン (株) 寺田 裕    (株) 住化技術情報センター 徳田 晉吾  ダイソ一 (株) 広瀬 敬治  三井石油化学工業 (株) 松尾 真吾  三井化学 (株) <化学史学会編> 2004年6月発行 B5版化学